ブラックカードは選ばれた者だけが手にすることができるクレジットカードです。

ブラックカードとは?

 

ブラックカード・クレジットカードの画像

 

クレジットカードにはランクがあり、カードの色で見分ける事ができます。
各カード会社で色分けのルールは統一傾向にあります。
現在もっともグレードが高いとされている最上級のクレジットカードブラックカードです。

 

名前の通り、黒色のカードが特徴でゴールドやプラチナのさらに上の位置付けです。

 

 

ブラックカードが登場したのは2000年代から

 

一昔前のクレジットカードを知っている方は、標準とゴールドの2種類しかなく、ゴールドカードが最上位というイメージを持たれている方も多いです。
日本におけるブラックカードの歴史は比較的浅く、2002年にアメックス(アメリカンエクスプレス)センチュリオン・カードという黒色でプラチナの上のランクのカードを発行しました。

 

既存のカードを圧倒的に上回る会員向けサービス高額な年会費会員取得のハードルの高さで大きな話題を集めました。
このアメックスのブラックカードの存在感が非常に大きく、ブラックカードは高級でゴールドやプラチナよりも上という印象が世間に根付きました。

 

その結果、他のクレジットカードも相次いで最上級クラスとして続々とブラックカードを登場させました。

 

ブラックカードは原則招待制

 

ブラックカードの取得条件は各カード会社によって異なります。

所有できる条件について

 

全体的な傾向としては、ほとんどのカード会社が招待制という形を取っています。
クレジットカードのカタログやホームページでの記載ではブラックカードの紹介をしていないことがほとんどです。
つまり、ブラックカードは新規申込で取得することはできず、既存会員の中でカード会社から認められたVIPユーザーにのみ招待があり、そこで申込をしてはじめて取得できます。

 

誰でもお金さえ払えば取得できる訳ではなく、継続して高額な決済を利用している事が必要です。
取得するハードルは高いですが、取得した際のステータスが高いのもブラックカードの魅力です。

 

 

キングオブブラックカードはアメリカンエクスプレス

 

アメリカンエクスプレスのブラックカード

 

ブラックカードのパイオニアでもあり、現在ももっとも高いブランド力を持っているのはアメリカンエクスプレスのセンチュリオン・カードです。
年会費も高く、近年は新規会員の招待基準も非常に厳しくなっています。(一部では新規停止中との噂も出ています)
世間でいうブラックカードといえば、このアメックスのセンチュリオンカードの事で、これを本物と呼び、その他のカード会社のブラックカードをパチ物と呼ぶ動きもあります。

 

マスターカードやダイナーズカードのブラックも高いブランド力を持っていますが、それでも本家に比べればプレミアム感は大きく劣ります。
また、楽天カードやJCBカードをはじめ、年会費が安く会員基準もゆるい比較的お手軽なブラックカードも多数あるのが現状です。

 

本家のアメックスのブラックカードを所有している方や招待された方で、なおかつ年会費を払うだけの経済力があれば、迷わずにブラックカードを所有して維持することがオススメです。

 

ブラックカードのステータス

 

ブラックカードを持つステータスのある男性

よく話題になるのが、本家以外のブラックカードは所有する上でのステータスがどのように扱われるかです。

 

各ブラックカードで同じカード会社のゴールドやプラチナを上回るサービスが付くのを容易に想像できますが、ブラックカードの所有する価値のひとつがステータスや見栄です。
AMEXの本家を持っている方であれば、ほかのブラックカードをパチモノだと見下してくるでしょう。
また、人によってはアメックス以外のブラックを持っていると見栄を張っているという印象を持たれることもあります。

 

しかし、そこまでカード事情を詳しくない人から見ればブラックというだけで、スゴイと思ってくれることもあります。
この部分は保有する人の価値観になります。

 

ただ招待制という意味では、カードの特典や取得基準に差はあっても、ブラックカードを保有するステータスは銘柄を問わず価値が大きいです。

 

そしてブラックカードを所有するような富裕層はやはり東京を中心とした首都圏に集まっています。
富裕層には一見無関係と思われるクレジットカード現金化ですが、実態は異なります。東京のクレジットカード現金化事情を詳しく調べてみましょう。