一番招待のハードルが高いため、手に入れると優越感を感じられます。

AMEX(アメリカンエクスプレス)

 

AMEX(アメリカンエクスプレス)のセンチュリオン・カード

 

AMEX(アメリカンエクスプレス)のセンチュリオン・カードはブラックカードの中でも頂点に立つもっともブランド力が高いカードです。

 

ブラックカードのパイオニアでもあり、現在もライバルを圧倒するサービスが魅力です。

 

AMEXのブラックカードとは

 

最上級のセンチュリオンカードがブラックカードの名称です。
クレジットカードに詳しい方であれば「センチュリオン」といえば、すぐに分かって頂けるほどの知名度があります。
センチュリオンとは戦車という意味があり、名称の通り戦車も購入できるスペックを持っています。
限度額が無制限と言われる最強のブラックカードです。

 

所有にかかる費用

 

年会費は35万円で、さらに取得時の初期費用で通常50万円ほどかかります。
さらにチタン製のカードを希望した場合、初期費用が91万円になります。
それだけ高額でも招待状を受け取った方はほとんどが喜んで加入しています。

 

 

付帯サービスが最強

 

センチュリオンカードの特典は次のものがあります。

 

  • 航空券の座席がアップグレード(デルタ航空、USエアウェイズ、ヴァージン・アトランティック、ノースウェストなど)
  • 提携航空会社を利用すると同伴者の航空券費用が年4回まで無料
  • 提携ホテルの部屋がアップグレード
  • ポイント交換で宇宙旅行や高級外車の購入が可能

 

このほかにも提携ショップやレストランなどで幅広い特典やポイントサービスが用意されています。

 

コンシェルジュサービスもあるので、何かするときに電話相談すれば、すぐに付帯サービスを含めて最適なプランの提案と手配をしてくれます。

 

最大の魅力は航空券の座席のアップグレードです。
アメリカ本土まで日本から飛べば、ビジネスクラスとファーストクラスで数十万円の差額が出ます。

 

ホテルの利用なども含めて、海外に1回行くだけで年会費のもとを取れます。
ただし、日本のANAやJALは提携していないので、国内旅行や国内出張が多い人は空港ラウンジ利用などの特典があるくらいです。

 

 

招待のハードルがもっとも高い

 

ブラックカードの中でもAMEXは一番招待のハードルが高いです。
特に最近は新規会員の招待にカード会社が消極的になっているようです。

 

年収1千万円や2千万円クラスでカードをフル活用している方でも、なかなかセンチュリオンカードの招待が届かないのが現状です。
ハードルが高いからこそ、所有する優越感が高く、憧れたり目指す富豪が多いです。

 

招待を受けるのはゴールド以上で最低でも1年の利用実績が必要と言われています。
年間数千万円の決済実績がなければ、これから新規取得するのは難しいです。