ダイナースのプレムアムカードはポイント還元率が高く充実した特典が揃っています。

ダイナースクラブ

 

ダイナースクラブのロゴ画像

 

現在はブラックカードは多数のカード会社が取り扱っていますが、その中でも2強と呼ばれているのがAMEXダイナースです。
ここでは、ダイナースのプレムアムカードについて解説します。

 

ダイナースクラブプレミアムカードとは

 

ダイナースクラブは三井住友信託銀行が提供するプレミアムクラスのクレジットカードブランドです。
レギュラーのダイナースに入会すること自体が難しく、標準カードでも申込資格は27歳以上で厳しい審査があります。
カード年会費は通常が2万2千円、プレミアムカードが13万円です。

 

通常のダイナースクラブでも、限度額は最高無制限で海外旅行保険最高1億円など、プラチナカード相当のスペックになっています。
ダイナースクラブで決済金額が多い優良ユーザーにのみ、プレミアムカードの招待が届く流れになります。

 

 

ポイント還元率が高い

 

ダイナースクラブカードは通常で1%、プレミアム(ブラック)で2%のポイントが付きます。
一般ポイントでは最高水準のポイント還元率で、年会費が税込14万円強で1マイル=2円で計算すると350万円以上年間決済すれば、ポイントだけで元が取れる計算になります。
用途を問わずカード決済が多い方は、AMEXよりも恩恵が大きいと言えます。

 

 

年会費がさらに上のANAカードもある

 

ダイナースクラブプレミアムカードは2種類があり、ANAダイナースプレミアムカードが用意されています。
年会費は15万5千円で通常のブラックカードより高いですが、ANAのマイルがたまりやすく、ポイントからマイル以降が無制限、マイルの有効期限がなしといった特典が付いてきます。

 

通常のプレミアムカードを持っている方であれば、カスタマーセンターに問い合わせをすることで誰でも切り替え可能です。

 

ただし、カード切り替えの際に既存のポイント移行ができないので、あらかじめ使い切っておくようにしましょう。

 

 

サービスも充実

 

ダイナースクラブは、ポイントとマイルがブラックカードの中でもトップクラスの還元率になっていますが、さらに付帯サービスも充実しています。
一例を紹介すると次の特典が用意されています。

 

  • コンシェルジュサービス
  • 最高1億円の海外旅行保険
  • ゴルフ保険をはじめ、各種保険
  • 誕生日ギフト
  • ラウンジの無料利用
  • 提携施設の割引サービス

 

大手信託銀行グループなので、国内の提携施設数が非常に多いです。
コンシェルジュの質も日本ブランドだけあって最高品質で、どんな要望でもNoと言わずに応えてくれます。