限度額が高いカードを所有したい場合は国内よりも海外のブランドを利用すると良いでしょう。

ブラックカードの限度額

 

ブラックカードの限度額は1,000万円~無制限です。
AMEXのセンチュリオンカードの場合、限度額は無制限で戦車や家、高級車などなんでも買うことができます。
ただし、一度に1億円以上の決済をする場合は事前に電話をするルールがあります。
比較的敷居が低い楽天ブラックカードの場合は限度額が1,000万円です。
それでも一般的なクレジットカードよりも限度額は優遇されています。

 

そのほかダイナーズなど年会費10万円以上するブラックカードも利用限度額が最高無制限になっていることが多いです。
ポイント還元だけで年会費のもとを取ろうとした場合、カードによっては年間1千万円以上の決済をする必要があります。

 

 

不正利用の保険も充実している

 

限度額が高いことで懸念されるのが、盗難やコピー、カード情報流出による不正利用のリスクです。
ブラックカードは不正利用された時の保険も付帯されるので、安心して保有することができます。

 

カード会社からすれば、限度額を高くすることは、不正利用時の保証や支払い遅延などのリスクが高くなります。
仮に無制限のカードで数億円の決済をされて踏み倒されると、カード会社はユーザー1名だけで億単位の損失が発生することになります。

 

そこで、高い年会費を払えば誰でも発行するのではなく、招待制にして安定して決済と支払いをした実績がある優良ユーザーにのみブラックカードの所有を許しているのです。

 

 

個別に限度額の設定をされることも

 

クレジットカードの限度額イメージ画像

ブラックカードの限度額は全て無制限だと勘違いされる方がいますが、個別に限度額を設定される場合もあります。

 

これはAMEXやダイナーズ、マスターカードであっても同じです。
しかしブラックカードを取得できる方であれば最低でも1,000万円以上の限度額を期待できます。
限度額は決済から支払いまでの1~2ヶ月の間に使用できる金額です。
翌月払いの決済を利用すれば、限度額1,000万円でも毎月限度額に近い決済をすることができます。

 

楽天など敷居が低いブラックカードの場合は300万円~800万円など低い限度額に設定されることもあります。
限度額は永久に固定されるわけではなく、ブラックカード所有後も実績を積んでいけば随時増額申請をして限度額の再審査を受けることができます。
AMEXやダイナーズなどの海外のカード会社は全体的に限度額の設定額が最初から高いと評判になっています。
限度額が高いカードを所有したい場合は国内よりも海外のブランドを利用するとよいでしょう。