国内・国外の双方に強く、幅広い方に満足していただける万能性の高いブラックカードです。

マスターカード

 

マスターカードのロゴ

 

マスターカードの最高峰に位置するのがワールドマスターカードです。
マスターカードはSBIをはじめ複数の信販会社と提携していて、SBIワールドマスターカードや、ワールドエリートマスターカードなど、複数の派生ブラックカードがあります。
トップクラスの付帯サービスが付いてきて、特に空港関連のサービスが充実しているのが特徴です。

 

 

ワールドマスターカードとは

 

インビテーション(招待)によって所有できるプレミアムな1枚です。
年会費は157,500円で、SBI、アプラス、シティカードなどが発行しています。
年会費はAMEXに次ぐ高水準で、空港ラウンジの利用をはじめ、空港への手荷物の送付が3個まで無料やコンシェルジュサービスなどが付いてきます。

 

マスターカード自体はアメリカに資本があるカード会社ですが、国内の大手と多数提携してカード発行業務を委託しています。

 

そのため、ANAとJALへのマイル変更国内の優待レストランやホテルと多数提携するなど、サービスの充実度が高いです。

 

また、空港ラウンジの同伴者は回数無制限で無料利用可能になるなど、他のブラックカードと比較してワールドマスターカードを選ぶ方も多いです。

 

 

旅行保険の補償は業界トップ水準

 

国内・国外の旅行保険は傷害補償が最大1億2千万円です。
ほかのブラックカードは上限1億円になっている所が多く、ワールドマスターカードは保険も強みにしています。

 

 

海外にも強い

 

ワールドマスターカードの名称にあるように、国外でのサービスが充実しているのも特徴です。

コンシェルジュサービスは、海外拠点の利用も可能で居住の有無を問わず会員であれば、世界各国のオペレーターになんでも相談することができます。
ゴルフ場も世界で名だたる有名コースと多数提携していて、ワールドマスターカードを持っているとVIPルームの利用や優待価格での利用ができるようになります。

 

国内・国外の双方に強いので、幅広い方に満足していただける万能性の高いブラックカードです。

 

 

ニセブラックに注意

 

マスターカードは多数の提携会社があり、カードのラインナップは派生商品を含めると非常に多いです。
中には、黒いカードのプラチナカードなど、紛らわしいカードも多数あるのが現状です。
マスターカードの最高峰はワールドマスターカードになり、そのほかのカードはSBIワールドマスターカードをはじめ、正規の提携カードを除きニセモノになります。

 

本物のサービスを受けたいのであれば、ハードルは高いですが、ワールドマスターカードの取得を目指しましょう。
カードの種類は多いですが、幅広いカードからワールドマスターカードへのステップアップが可能になっています。