年会費が高くても、付帯サービスや特典が充実しているので相応の価値があります。

ブラックカードの年会費

 

代表的なブラックカードの年会費は次の通りです。

 

  • AMEX センチュリオンカード:35万円
  • マスターカード ワールドマスターカード:15万7千500円
  • ダイナーズクラブ プレミアムカード:13万円
  • JCB ザ・クラス:5万円
  • 楽天ブラックカード:3万円

 

近年では楽天をはじめ、お手頃価格で保有できるブラックカードが増えてきました。
ただし、それぞれのカードで価格相応のサービスになり、楽天やJCBの場合はカードの色がブラックでも中身はAMEXなどの高級ブランドのゴールドやプラチナ相当になります。

 

こうした安価なブラックカードの登場がトップブランドの価値を押し下げているという意見もありますが、これまでブラックに手が届かないような平均的な所得な方でも気軽に最上級の色のカードを保有できるようになりました。

 

年会費が高くても相応の価値がある

 

ブラックカードは、それまでクレジットカードの決済が多い人のみが入れるハイクラスの特別プランです。
年会費が高くても、ポイントの還元率が高く、空港ラウンジの利用をはじめ多くの特典を受けられるメリットがあります。

⇒ブラックカードに付帯するサービス

 

ステータスのイメージ画像

上手に活用すれば、年会費以上の特典を受けることも可能です。
しかし、ブラックカード所持者の全員が年会費以上のリターンを得ているかといえばそうではありません。

 

ブラックカードを保有するメリットには、保有するステータスや、高い限度額、充実した保険や各種割引サービス、コンシェルジュサービスなどが付いている安心感があります。
持っているだけで優越感を感じることができたり、サービスを使わなくても、いざという時のために安心感が感じられれば、年会費分以上のリターンがなくても保有する価値があります。

 

あとは人それぞれの価値観でブラックカードの年会費に対して、サービスと比較しながら払えると感じるかどうかです。
お金さえ払えば誰でも保有できるものではないので、ブラックカード入会の招待が来た場合は、試しに入ってみて、年会費が高いと感じたら解約して従来のカードに戻してもいいでしょう。

 

短い期間でもブラックカードを保有していた経験があれば、それだけでもステータスになり話のネタにすることができます。

 

保有者の大半は年会費なんて安いと思っている

 

AMEXのセンチュリオンの場合年会費が35万円で、多くの方は高いと感じているでしょう。
しかし、保有者は年会費を安いと感じている方が非常に多いです。

 

センチュリオンの特典を見ると、提携の航空会社でビジネスやファーストクラスに自動アップデートされ、提携ホテルは一般の部屋の料金でスィートルームが利用できます。

 

海外旅行や出張をすれば1回で年会費の元を取れますし、アクティブに活用すれば年間数百万円以上の特典を受けることができます。