ポイント還元率が低いブラックカードは、その分ほかの付帯するサービスが充実しています。

ブラックカードの付帯サービス

 

ブラックカードは高い限度額に見合う充実の付帯サービスが付いてきます。
カードによってサービス内容は異なりますが、代表的なブラックカードに付帯するサービスをまとめました。

 

ポイント還元

 

ブラックカードはポイント還元率が高いです。
たとえば楽天ブラックカードの場合、通常3%、楽天市場など提携サービスの利用では5%のポイント還元率です。
しかし、全てのブラックカードが高いポイント還元率というわけではありません。
アメックスやダイナーズなど1~2%のカードもあります。
ポイント還元率が低いカードは、その分ほかの付帯するサービスが充実しています。

 

 

コンシェルジュサービス

 

コンシュルジュの女性

旅行をはじめ、買い物や日常サービスまで、何でも手配を代行してくれるコンシェルジュサービスがあります。
AMEXのセンチュリオンの場合はコンシェルジュを通じて航空券やホテルの予約をすると、提携会社を条件に飛行機の席やホテルの客室のクラスが最低でも1つ以上グレードアップします。
さらに年4回まで航空券の同乗者も特典が付きます。

 

JCBザ・クラスの場合は提携レストランを2名で予約すれば1名無料になる特典などもあり、最適なプランの手配だけではなく、特典を余すことなく利用できる提案をしてくれます。

 

 

各種保険

 

クレジットカードの人気サービスの定番が保険です。
国内・国外の旅行保険が充実していて、ブラックカードの場合最高1億円の保証を受けられる場合もあります。
そのカード会社が扱う保険が全て付いてきて保証内容も最上級になるメリットがあります。
さらに、カードによってはゴルフ保険や犯罪被害保険などブラックカードにしか付帯しないような特殊な保険も色々とついてきます。

 

 

カード会社が国内か海外かでサービス内容が変わる

 

ブラックカードは大きく分けて、日本のカード会社(JCB・楽天など)海外のカード会社(AMEX・ダイナーズなど)に分かれます。

 

  • 海外のカード会社の場合はグローバルなサービスを用意していて、空港や飛行機、宿泊施設などの特典が充実しています。
  •  

  • 日本のカード会社もブラックであれば、空港関連(ラウンジなど)のサービスは充実していますが、その他提携施設でのポイント増量やレストラン招待などいった国内需要のサービスが充実しています。

 

そのほか、国内・国外のカード会社に共通して通販やブラックカード限定のポイント還元プログラムの用意などが定番のサービスになっています。
カード決済や仕事や生活のスタイルにあったブラックカードを探すとよいでしょう。