年収1千万円未満の方でも、カード決済を上手に活用すれば取得のチャンスがあります。

所有できる条件

 

ブラックカードの所有できる条件は各カード会社によって異なります。
ほぼ全てのブラックカードの共通点としては次の2つの条件があります。

 

招待制
日頃のカード決済金額が多い

 

年収制限などの基準はなく、そのカード会社で毎月安定したカード決済をしていれば誰でもブラックカードを取得できるチャンスがあります。
既存のカードのグレードにも制限はありません。

 

ゴールドやプラチナでなくても、標準カードからいきなりブラックカードの招待状が届くこともあるそうです。

 

しかし、一般的にはまずはプラチナの招待が届き、その後プラチナカードでの実績を積んでからブラックの招待が届く流れになります。
ブラックカードを目指したクレジットカードの使い方をするのであれば、その時入れる一番グレードの高いカードを所持した方がポイント還元等でメリットがあります。

 

 

新規ブラック会員を制限する傾向も

 

クレジットカードの画像

代表的なブラックカードのAMEXセンチュリオンカードの場合、現在ブラックの新規会員募集を制限しているという情報もあります。
ブラックカードの所持者が増えすぎるとカードのブランド力が落ちるという点や、年会費が高くても特典をフル活用されるとカード会社は赤字になるといった背景があるようです。

 

最近ではAMEXからブラックカードの招待が届いたという口コミ情報が非常に少なく、どれだけ決済を積み重ねてもプラチナ止まりになってしまう可能性があります。
ブラック会員を目指すのであれば、まずは現在使っているカード会社の所得基準や口コミをチェックしていみましょう。

 

難しいと判断したら、もっと楽にブラックカードの招待が届くカード会社に乗り換えることも効果的です。

 

 

所持者の大半は年収1千万円以上

 

年収制限はありませんが安定して高額なカード決済を続けるのは、それなりの収入がないと難しいです。
実際にブラックカードを所持している人の多くは年収1千万円以上です。年会費10万円以上のカードの場合は、年収1千万円でも少ないと言われています。
さらに、コンビニの買い物も含めて、どんな物でもカード決済をして決済点数と金額を積み重ねていく努力が必要です。

 

極力現金は使わないというのが、ブラックカードを目指すためのセオリーです。
年収1千万円未満の方でも、カード決済を上手に活用すればブラック取得のチャンスがあります。

 

なかには、あえて手数料を払ってまで車の購入をカード決済にするなどして、実績を作っていく方もいます。